掃除

パソコンの蓋を外して内部を掃除しました。
ダストブロワーで吹いて埃を掃除機で吸い取る…という作業をひたすら繰り返す。
a0090982_23212975.jpg
綺麗になりました!






(^^)

[PR]
# by masamingm | 2017-01-15 23:44 | Comments(0)

あけましておめでとうございます(と書いてるのはまだ12月31日ですが…早めに投稿)


a0090982_00011907.jpg
良い年になりますように。本年もよろしくお願いいたします。







お正月ですから大好きな音楽のことを書きます。昨年買って聴いたCD(2016年に発売されたCD)の個人的ベスト10♪

第10位:VEKTOR/TERMINAL REDUX
a0090982_02204694.jpg
スラッシュメタル進化形最先端!大傑作だと思います!しかし最近になってギター&ボーカルのDavid DiSanto以外の三人が脱退してしまった…



第9位:RAMI/Aspiration
a0090982_02285409.jpg
元Aldiousのボーカル、RAMI初のソロ・アルバム。GALNERYUSのSYUが作曲しギターで参加している『In My Eyes』が素晴らしい。ギターソロもカッコいいし!キーボードの音色がCAMELを思わせるブリティッシュロックテイストの『Pray To The Sky』もお気に入り。



第8位:みならいモンスター/君と風と太陽と(ブックレット裏面にメンバー直筆のサイン入り!)
a0090982_02385558.jpg
日本の三姉妹バンド、2016年はアルバムも発売されましたが、最新シングルの『君と風と太陽と』がとても良いです。この曲に限らず、彼女たちの作る曲は詩もメロディも素晴らしい!






第7位:TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA/GHOSTLIGHTS
a0090982_02523447.jpg
TOBIAS SAMMETの天才的作曲能力が冴えわたる傑作。MASTER OF THE PENDULUMなんてNIGHTWISHの未発表曲と言われても納得してしまうくらいにMarco Hietalaのボーカルがハマっている。



第6位:SUNBURST/FRAGMENTS OF CREATION
a0090982_03000137.jpg
新たなるギター・ヒーロー登場!Gus Draxのギターが凄い!この曲のギターソロも最高。



第5位:Disqualia/right NOW
a0090982_03031696.jpg

日本のガールズ・メタル・バンド。とにかくカッコいいの一言です。このCD、各楽器の音が分離が良い上にスネアドラムの音が自分好みで(ピンクのツインテールのドラマーはジャズバンドでも活動しているかなりのテクの持ち主)、例えばドラムとベースだけに集中して聴いたりしてもかなり楽しめます。





第4位:LORDS OF BLACK/Ⅱ
a0090982_03143169.jpg
ボーカルが再結成RAINBOWに参加…というのはもうどうでもよく、とにかくこれは聴いていて思わずガッツポーズ!METALが好きで良かった。何気にドラマーが上手いと思う。





第3位:DYNAZTY:TITANIC MASS
a0090982_03194853.jpg
楽曲も楽器隊のテクも素晴らしいけど、何と言ってもボーカルが良い!!ジョーイ・テンペストを思わせるイケメンオーラを漂わせる歌唱とアクセル・ローズ的な悪ガキっぷりのシャウトの両方を備えるNILS MOLIN、個人的に2016年のナンバーワンボーカルです。
DYNAZTYに関してはもっと書きたいことがあるけど眠くなってきたのでこの辺で…





そして2位が無くて大晦日の投稿で紹介したOctaviagraceとTEARS OF TRAGEDYが仲良く1位!です。














(^^)










[PR]
# by masamingm | 2016-12-31 23:00 | Comments(0)

大晦日に聴く音楽

今日は一日中この2枚のCDを聴いていました。(掃除とか片付けなどしながら)


Octaviagraceの『Outward Resonance』♪
a0090982_22173084.jpg






TEARS OF TRAGEDYの『STATICE』♪
a0090982_22275475.jpg







(^^)


[PR]
# by masamingm | 2016-12-31 22:30 | Comments(0)

フライングV

1/12サイズエレキギターの食玩をまた買ってきて開けたら、フライングVタイプが出ました!



a0090982_02143101.jpg
アメリカンフォームという名称のカラー、これもこのシリーズのオリジナルカラーですね。




a0090982_02154133.jpg
カラー以外はオーソドックスなフライングVタイプかな、と思ってよく観察するとネックジョイント部分の形状が、これは1958年モデルっぽいですね。しかしピックガードが広いタイプなので基本的には1967年型ではないかな…まぁ細かいことはいいか。




a0090982_02261063.jpg
エレキギターは大好きですが、フライングV(のコピーモデル)は所有したことがありません。マイケル・シェンカーが好きでよくコピーしてたし、バンドでもUFOやMSGの曲を演奏したことがありますが、なぜかフライングVを手に入れようとは思わなかったな…気に入らなかったのではなく、むしろ大好きなギターなんですが、自分にはもったいないというか恐れ多いというか、なんだかそんな気がして買おうとしなかったのだと思います。ジャクソンのランディVやキングV(ってモデル名だったっけ?)のコピーモデルは持ってました。
→昔持ってたギターの写真はこちら




a0090982_02394349.jpg
この食玩のギターは専用のスタンドが付属していて、このようにスタンドに立てて飾ることもできます。






(^^)






[PR]
# by masamingm | 2016-12-27 02:50 | Comments(0)

エレキギター衝動買い?

1/12サイズのエレキギターの食玩を見つけて一つ買ってきました。

a0090982_23153078.jpg







9種類(+シークレット?)の中から、ストラトタイプのカモフラフォームが出ました!

これはなかなかカッコいい。

サイズ的に合うフィギュアがあればこれを持たせることが出来るな…と考えて、思い出したのが以前買ったタカラ製のコンパクトドール

この小さなギターに付属のストラップをつけて(これがとても大変でした!カッターで穴に切れ込みを入れないと多分無理)、持たせてみました。





a0090982_23211792.jpg
コンパクトドールのサイズは1/10らしいのですが、1/12サイズのギターを持たせたらちょうどいい感じ。

なのでこのコも1/12サイズということでいいのではないだろうか。

身長を計ってみるとおよそ14センチなので、12倍だと168センチということになりますね。





(…なぜか文章が知らぬ間にセンタリング的な配置になってるな…?どうしてこうなった?まぁいいか)







a0090982_23295044.jpg
市販されてるギターでこれと同じモデルは見たことないですね。

なのでこの食玩のオリジナルモデルなのでしょう。

フルサイズのストラトボディに22フレットの4点止めネック、ピックアップはシングルコイル×3で配線は通常のストラトキャスターと同じかな。

背面にバッテリーポケットが無いのでピックアップはEMG等のアクティブではなくパッシブタイプ、ブリッジもシンクロナイズドトレモロで、迷彩柄以外はオーソドックスな構成ですね。

このスペックで塗りつぶしカラーということから判断して、ボディ材はアルダーではなかろうか。

…などとあれこれ考えるのも楽しい。








a0090982_23363639.jpg
ギターアンプ(Roland CUBE30X)の上に立たせてみました。







a0090982_23375434.jpg
上杉謙信の旗印とともに。







a0090982_23405022.jpg
おお…後ろ姿もいいな。







a0090982_23412545.jpg
他の形のギターも持たせてみたくなった…










(^^)





[PR]
# by masamingm | 2016-12-23 00:02 | Comments(0)

運命'95

Melodyは好きでよく聴きましたが、中でも『運命'95』は今でも大好きな曲です。


a0090982_00172450.jpg




いい曲だなぁ…。黒沢健一さん、安らかに…





[PR]
# by masamingm | 2016-12-08 00:45 | Comments(0)

音楽

お気に入りのCDをパソコンに取り込んでx-アプリというソフトで聴いているんですが、便利な時代になったものだなぁ…と思います。

CDが登場してしばらく経った頃、「確かにノイズが減ったけど、LPレコードと比べて音がなんか違う…」とオーディオ愛好者の間でよく言われました。
デジタルとアナログの違いは考慮するにしても、あまりにも違う、と。
LPレコードで発表済みの音源をCD化する場合、同じマスターテープから音をCDに記録しているのだから基本的に同じはずなのになぜ違いが出るのか…
実はレコード盤製造時の元になる型(大量生産するための元になる金属盤で、プレスしてレコード盤を作るために溝を作る部分が凸状になっている)を製造するときに、その元の型をとるための鋳型を作るために音声信号の記録された溝をカートリッジに似た針で掘るらしいのですが(この辺りの正確な手順はよく知りませんが基本的には確かそんな感じではなかったかと)、その針を振動させるアンプ、あれが最終的な音質を決めていたということがわかったそうです。
つまりレコード時代はマスターテープの音がその音楽の完成形ではなかった。
もちろんスタジオでマスタリングした状態をアーチストやエンジニアは完成形として世に送り出すわけですが、実はレコード盤を作る過程でもうひと手間加わっていたわけです。
こうして出来たレコードの音を「理想の音」として我々は長年聴いてきたから、この最後のアンプを通していないCDの音は当然レコードとは違っているように感じる、ということになる。
それが分かってからはマスタリングの最終段階でイコライジングを調整するようになったので、CDの音がレコードに近い音として聴けるようになった…
…というような内容の記事を昔、オーディオ雑誌で読みましたが、雑誌がもう手元になくて確認できないのでもしかしたら思い違いをしていて間違ってるかもしれません(^^;

まぁそれはともかく…パソコンに取り込まれたCDはx-アプリによって自動的にアルファベット順に並べられます。
アーチスト名でアルファベット順に並ぶと、当然ですが全然違う音楽性のバンドが隣り合って並ぶことになり、連続再生するとこれが続けて再生されることになります。
自分のお気に入りのCDばかりなのでほとんどがHard RockやHeavy Metalなんですが、それでもジャンルが違うと音楽性の落差というか違いが大きくて、聴いていて「ぅおっ?」と思うことがあります。
CDラックにCDを並べてる時もアルファベット順になってるんですが、ただケースが隣り合ってるだけではどうってことなくても曲が続けて流れると軽い驚きがあります。
Led Zeppelinの直後にLords of Blackが聞こえてきたときは、なかなか良かった。1969年の音の次にいきなり2016年のMetalが鳴り響いても、Led Zeppelinがちっとも古く感じなかった。いや、何というのか…改めて「どちらも凄い!」と思いました。

アルファベット順に表示されたCDリストを見渡したところ、最もインパクトのある連なりは「Exodus」〜「Fairport Convention」〜「Fear, and Loathing in Las Vegas」かな。どれも好きなバンドですが、この三つを続けて聴く人はあまりいないのではないだろうか。
「Galneryus」のすぐ後には「Grateful Dead」があるので、ここも続けて聴くとタイムスリップしたような気分も味わえて楽しいです。





(^^)

[PR]
# by masamingm | 2016-11-27 03:06 | Comments(0)

電子書籍化!

『どっきんロリポップ 全部!』が電子書籍化されて、11月2日より発売開始です。
Amazon(kindle)、kobo、ebookjapan、Renta!、BookLive!、
BOOKWALKER、yahoo!、紀伊國屋BookWebPlusなど、およそ50店ほどの
電子書店様で発売の予定です。




プロ野球、日本シリーズ終わりましたね。
昔、横浜スタジアムの三塁側外野寄りの内野席で試合(大洋巨人戦)を見ていた時、ファールボールが自分目がけて一直線に飛んできたことがあります。
それ以前から球場へ野球を見に行く度に「試合中にボールが飛んで来たらダイレクトキャッチしてやろう」と、今思えばバカなことを考えてその機会が来るのを心待ちにしていたんですが、ついにその時が来たわけです。
巨人の堀内投手が投げて大洋の中塚選手が打った球でした。ファールボールが自分目がけて真っすぐに飛んでくる。「よしっ素手で捕球…」と身構えようとした直後、これはやばい、と思いました。
そのファールの打球が、物凄い勢いのライナーだったからです。
瞬時の判断で、素手で捕球などという無謀な試みを諦めて椅子から素早く立ち上がった直後、ボールが自分の座席を直撃して跳ね返り、隣に座っていた人の体に当たってから私の足に当たって足元に落ちました。
あのまま座ってたら間違いなく自分の体に当たってたわけで、素手で取ろうとしていたらきっと骨折不可避…避けたのは正解だったと思います。
プロの打球は恐ろしく速い、なめたらいけない…
足元に落ちたボールはすぐに拾いましたが、当時はファールボールは球場係員に渡さないといけない決まりだったので(今でもそうなのかな?よく知らない)すぐに近寄ってきた係員に素直に渡しました。
数秒前まで堀内投手が握っていたプロ仕様の硬式球は触り心地を確かめる暇もありませんでしたが、ファールボールとはいえ少しの間だけでも触れることができたのはいい思い出です。
打球の速度というと、実際に球場で見た中ではヤクルトのホーナー選手の打った球は凄かったな…。





(^^)
[PR]
# by masamingm | 2016-11-02 00:24 | Comments(2)

マクロスデルタ

箔押しレア色紙出たー!
a0090982_2194227.jpg

実はアニメはほんの少ししか見たことないんだけど、マクロスは絵が好きなので色紙とかカードが入ってる菓子を見かけると買ってしまいます。



中公文庫『ローマの歴史』を久しぶりに本棚から取り出して読む…ああ、やはり面白い。
どのページを開いても1〜2行読むだけでぐいぐいと引き込まれて、時がたつのも忘れて読み耽ってしまいます。
特に世界史が好きだというわけではないんですが、これはなぜこんなに面白いんだろう。
この本は私が19歳だった年の7月28日に年上の従姉妹からプレゼントされたものです。(という自筆の書き込みが巻末部分にある)
「これ、絶対面白いから!」っていう彼女の言葉は本当だった!



先日、天守閣の耐震補強工事と展示の大規模リニューアルが終わった小田原城を見てきました。
子供のころからもう何度も行ってる小田原城ですが、二の丸跡の場所にあった小学校はなくなり、銅門や馬出門があらたに復元されて時の流れを感じます。
お堀の食欲旺盛な鯉は相変わらずですが。
天守閣内部の展示は大きく変わってました。以前は鎧や刀剣等が飾られていたのが減って(常盤木門SAMURAI館に移された?)、戦国大名の北条五代に関する展示が中心になってました。
見学後に売店で扇子を買ってきました。
a0090982_2584834.jpg

長曾我部元親の扇子。





(^^)
[PR]
# by masamingm | 2016-10-23 03:08 | Comments(0)

鉛筆

鉛筆は以前はよく使っていたんですが、最近は全く出番無し…
a0090982_16452654.jpg

上に載ってるステッドラー以外は全部ハイユニで、4H×12、3H×12、2H×12、H×10、F×7、HB×8、B×6、2B×8、3B×11、4B×23、6B×11の合計120本。これ以外に使用中のものが大量にあります。…いや、ありましたが、探したところ見当たらないので、引っ越しの時にどうやら捨ててしまったらしい。

鉛筆を削るときはカッターナイフを使ってました。手作業で削れば、芯先の尖り具合が自分好みに仕上げられるからです。
芯が折れない程度に木軸から芯を長めに削り出しておいて、芯の先端がすり減ってきたら芯先だけを尖らせます。この時はカッターは使わず、トレーシングペーパーを使います。トレーシングペーパーは紙質が一般の紙よりも硬くて表面が微細な凹凸状になっている(?)ので、鉛筆の芯先を尖らせるのには実に適しているのです。
トレーシングペーパーを適当な大きさの短冊状(少し長めの単語カードくらいのサイズが使いやすい)に切ったものを何十枚か束ねて、片側を固定します。
固定するための方法として、ステープラーではちょっと厳しい厚さになるので、OHTOのGACHUCKを使います。
ガチャックのガチャ玉で固定したこのトレーシングペーパーの小さな束を机の上の適当な場所に置いておきます。(動かないように固定した側に製図用文鎮を載せておく)
鉛筆の芯先が減って来たら、この短冊状のトレーシングペーパーの上を転がすように数回擦る。これで芯先を簡単に尖らせることができます。
(何度も繰り返してトレーシングペーパーが汚れてきたら上の一枚だけを切り取って捨てます。)
同様の原理で芯を削る平らな鑢を備えた芯研器も製品化されていて、自分も最初はこれを使っていました。これは確かに便利なんですが、鑢の表面がすぐに芯の粉で詰まってしまうので、それならトレーシングペーパーを使って使い捨てにすればいいんじゃないか?と思いついて上述の自作芯尖らせシステムを作ったのです。

トレーシングペーパーはシャープペンのシール保護にも活用してました。
シャープペン本体に貼ってあるシールは使っているとすぐに傷ついたり剥がれたりしてくるので、これを保護するためにトレーシングペーパーをシャープペン本体の軸部分に巻いておきます。
普通の紙よりも丈夫で手の汗などにも強く汚れも目立ちません。
自分が持っているシャープペンで、長年使っている割にはシールの保存状態が良いのはトレーシングペーパーのおかげです。
(今はもう古いシャープペンに巻いていたトレーシングペーパーは全部はがしてしまいましたが)







(^^)
[PR]
# by masamingm | 2016-09-22 17:36 | Comments(0)


masamingm不定期日記


by masamingm

画像一覧

ライフログ


いまさら翼といわれても

最新のコメント

☆永田さん ありがとう..
by masamingm at 00:29
こんにちは!今更ながら、..
by ansoft at 22:28
☆ユリさん スーパーの..
by masamingm at 02:31
これって今後、どうなるん..
by ユリ at 01:45
☆yuriさん ども、..
by masamingm at 01:01
お久しぶりです。 今は..
by yuri at 22:12
☆宙さん 読みきりでこ..
by masamingm at 01:00
…私、タレ専だったとは(..
by 宙 at 19:22
☆宙さん あけましてお..
by masamingm at 18:14
あけましておめでとうござ..
by 宙 at 22:51

メモ帳

どっきんロリポップ応援ページ

お気に入りブログ

永田氏短信 blog版
電磁郎の「もしもし奥さん...
★Yumeko's We...

記事ランキング

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月

検索

画像一覧